毎日ワクワク&しみじみ、ぎったんばったん。

北海道住まい。亜熱帯の血を持つ、寒がりライターです。

南のひとりの、女性伝。

そういえば、

祖母がこんなことを話してくれたこともありました。

 

祖母のおばあちゃん、またはもう一代上か。

 

江戸時代の、おはなしです。

 

 

当時、サトウキビがとれる南の島は、

それを年貢とする薩摩藩の圧政に苦しんでいました。

 

飢えた島民が、自分の育てたサトウキビを

ひとかじりでもすれば、役人に首をはねられる。

そんな時代だったそうです。

 

 

ある集落の長が、この現状を薩摩藩に直訴しようと

鹿児島に舟で行くといいました。

粗末な、小舟。

たどりつけるかも、わかりません。

 

息子には、みやげに鉄砲を持ってくるといいました。

奥さんには、さて、なんだったか。

 

必ずみやげを持ってくると言い残して、

男は舟に乗っていきました。

 

その奥さんの

 

子どもか孫が、

 

祖母のおばあさん、

またはその一代上に当たる人だったそうです。

 

 

 

 

男は、帰ってきませんでした。

 

舟が沈んだか。

 

薩摩で斬られたか。

 

誰にもわかりません。

 

 

男は、帰ってきませんでした。

 

 

奥さんは、海の向こうがよく見える崖の上で

 

ずっと待っていたそうです。

 

 

かつては琉球藩の影響が

濃かったこともあるその島、

 

奥さんは、丸くまげを結った琉球髪で

 

両手の甲に入れ墨をしていました。

 

その姿が、おさなごの目に

強く残っていたとか。

 

 

海はどこまでも青に緑に透き通り

 

 

太陽がすべてを赤く染めても

 

 

奥さんは

 

崖の上に立って

 

ずっと、ずっと海の向こうを見つめて

 

愛(かな)しゃ、

 

夫の帰りを

 

待っていたそうです。

 

 

f:id:majimedehen:20170329182909j:plain

(これは北の写真ですが・・・^^;)

 

偉人、それだけ伝。

来年の大河ドラマは、西郷どんだそうですね。

 

わたしの祖先は、

南の島に流されてきた西郷どんを

お世話してたことがあったそうで。

 

祖母のまた祖母は、ナマ西郷どんを見ているわけです。

 

でもって、

 

いまは亡き祖母に、子どものわたしは、

西郷どんの話を聞いたことがあります。

 

ーー西郷さんはね・・・(*´▽`*)←祖母

 

「うんうん!(ワクワク)」

 

ーー海に向かってしょんべんする・・・(*´▽`*)

 

「うん・・・」

 

ーーそのしょんべんが、ぶっとかった!(*´▽`*)

 

 

 

 

(・∀・)

 

 

「おばあちゃん・・・それだけ?」

 

 

 

(*´▽`*) ←祖母。

 

 

 

「それだけ?!」

 

 

(*´▽`*) ←祖母。

 

 

はい幕引きまーす、ガラガラガラ~(ほんとすみません)

 

広告を非表示にする

18歳、読モ大失敗の記憶、そして今。

むかしは、印刷物の取材といえばカメラマンとモデルとライター、

時にはディレクターまでそろったりしていましたが、

いまは、Web媒体が多く、ひとりで動くことも多いです。

 

つまり、取材先では全部自分でやるわけです。

 

先日、ものづくり体験の取材をすることになり、

ひとりなので、体験しているお客さんを撮影することに・・・

 

え、その日はお客さんがいない?

 

ということは、わたし、出るのね♪

 

ぎゃーΣ(゚□゚;)

 

となったとき、遠い昔を思い出しました。

 

はい、これはむかしむかしのお話です。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

大学生になりたてのころ、

雑誌の読者モデルのお声掛けがありました。

それをバイト先(銀座高級レストラン)で話したところ、

「みんなで服を買いに行こう!」と

ウェイトレス仲間たちはノリノリになって、

わたしに素敵なコーディネートをしてくれました。

 

当時はバブル華やかなころで、

えっとですね、着て行ったのは・・・

 

色鮮やかなスカイブルー、

そしてパフスリーブ(お姫さまのような袖です)の

肩パットが入ってウエストがキュッとしまったブラウス。

そして、真っ白なパンツを合わせ、

両方の色が入ったおしゃれなミュールをはきました。

 

メイクもちゃんとするんだよ、と教えてもらい、

黒いマスカラも、ピンクにブルーのアイシャドーも、

深紅のルージュも付けましたとも。

 

バブル時代としては、完璧です!!

 

えっと。

 

 

ですが。

 

 

 

ところが。

 

 

 

けれども(書きたくなくなってきた)。

 

わたしが読者モデルになったのは、

山と渓谷社の、

ウォーキング雑誌でした。

 

まだ山ガールなんて言葉などなく、

山に登るようなやつはダサいと思われており、

登場する女子はきわめて素朴なかっこうをしていた時代です。

 

さらに、その特集ページのテーマは 

 

おばあちゃんの原宿巣鴨のお寺と商店街をおさんぽ♪

 (*´▽`*)

当日、待ち合わせ場所にいた

記者さんとカメラマンさんの

「いったいどうしたんだ」

的な表情が忘れられません。

 

ああ、タイムスリップして当時のわたしに教えてあげたい。

 

いつものジーンズとシャツでいいのだ!

そんでもってマスカラやアイシャドーとか一切要らんから!

フツーに行けフツーに!!

 

しかし、タイムスリップはかなわず、

18歳のわたしはさらに、記者さんたちに

こんな言葉を投げつけるのです。

 

「あのう・・・トイレで、

お化粧直ししてきます♪」

 

そうやって、

「クラブ行ってきます」的な

むっちゃ浮いたバブリースタイルのまま

とげぬき地蔵をたわしでこすったり

金魚すくいをしたり

(カメラマン困っただろうなあ)。

 

取材後おつかれ的な定食屋で

記者さんたちのビールが少しでも空くと

コップにすかさず注ぎ足すわたし。

(ウエイトレスやってたので♪)

 

「あのー、自分でやるからいいよ」

なぜかお疲れのおふたりの表情に

「???」と思いながらも、

笑顔を絶やさなかったわたしでした

(ウェイトレスやってたので)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

さーて、

 

現在に戻りますと(・∀・)

 

写真うつりとしてはですね・・・

加齢が気になるわけです。

ええ、加齢です。

おしゃれというよりも、見た目が

見苦しくないぐらいのメイクを

お友だちライターさんに学び、

 

あっ!ものづくりは手元を写すのだと気づいて

手のシワがやばいっ、まずいっ。

数日前からクリームやワセリンを塗り塗り。

 

あっ!ささくれ出来てるよ( ゚д゚ )!

抗生剤を塗り塗り

 

ささくれ剥いちゃったΣ(゚□゚;)出血!

クリームファンデで隠せ!!

 

当日。

 

髪の毛跳ねてる⇒帽子をかぶれ!

 

えっと、カサカサだから

もいっかいリップ(自然色)も塗るか!

 

よし、これでOK!

写るの苦手だけど、どんと来い!

 

 

そうして、

 

 

写してもらったのが、

 

 

 

これです↓

 

 

 

 

f:id:majimedehen:20170324102511j:plain

 

 

(・∀・)

 

えっと、どこで写したかは仕事の都合上、まだ書けません。

はい、書けません(*´▽`*)

f:id:majimedehen:20170324102921j:plain

 (B工房さんお世話になりました!)

 

 

 

永遠の、しろうと。

書く仕事をしてはいますが、本当に、覚えないヤツです。

旅行、飲食、住宅、医療…

もう、そろそろ知っていてもいいよね?

というような用語を、からりと忘れたりします。

さりげなく、その場でごまかす術だけが進歩しました(^^;

 

ふりかえれば、

20代のころは、わりと負けずギライでした。

そのころに書いた印刷物をみると、

うわー、全然わからない!って、

同じわたしが頭を抱えてしまって、なんだか面白いです。

 

取材先でもらった知識と、一生懸命勉強した知識を、

これでもかと、ひけらかしている感じが

プンプンにおうのですね。

 

まあ、知識があって、わかりやすく

かみくだいて書けるのが、いちばんいいことなのですが。

どうも、そうはいかないようで。

 

進歩しろとは一般的にいいますが、

わたしの場合は、退化のうまみを感じつつ。

 

ぼやーっとしたシロウト=わたしが、

「なになになに?」と見たり聞きに行ったりして、

「こんなだったよ~」と書いて伝える。

 

そんな感じが、とっても楽しいです。

f:id:majimedehen:20170202103143j:plain

 

 

広告を非表示にする

サンタさんったら♪

わたしが幼児のころ、サンタさんからの

プレゼントといえば、お菓子の詰まった

クリスマスブーツでした♪

「来年まで取っておいて、両足にはくんだ!」という野望は

ついにかき消え(今年やろうかな)。

 

クリスマスブーツといえば、その頃のわたしには神秘のあかしで

5歳のころついていた、サンタさんの顔のプラスチック飾りまで

覚えています。

 

その、プラスチック飾りのついたクリスマスブーツ。

当時、発見したとたんに、ある衝撃が( ゚Д゚)

 

 

近所のスーパーの黄色いテープが貼られてた。

 

 

ああ・・・

 

わたしは、納得しました。

 

サンタさんは、

 

こどもたちのために、

 

すーぱーにへんそうして、ブーツをいっぱいかってるんだなって。

 

サングラス・・・

 

ばれないかな・・・

 

いっぱいのスーパーにいくんだろうな・・・

 

サンタさんって、たいへんだな・・・

 

 

はい、そして次のクリスマスにはさらなることが。

 

6歳のわたし、サンタさんにお手紙をかきました。

 

そして付け加えました。

 

「サンタさん、ぜったいおへんじください」

 

・・・願いは、かなえられました。

 

お返事、きました。

 

返事の文章↓

 

「〇〇ちゃん、やさいをいっぱい食べましょう」

 

このもじは・・・

 

 

ぜったいに、おかーさん ( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)!!

  

ああ・・・

 

わたしは、納得しました。

 

 

もじを、しらべて、

 

サンタさんのしょうたいが、わかったら、たいへん!

 

おかーさんとサンタさんは、

ひみつのやくそくをしたんだね(^^)/!

 

・・・・・

 

わたしの拡大好意解釈のクセは、幼少のころに形成されているようです。

 

f:id:majimedehen:20161224071342j:plain

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

子どものころから、好きなこと。

よく、迷いごとなんかあったときに

子どものときの気持ちに返ってごらん♪とか

いうじゃないですか。

 

迷いごとはなかったけど、

じぶんに聞いてみました。

 

子どものころ、なにが好きだったのかな?

 

じぶん、一発で即答。

 

 

隠れ食い。

 

 

( ゚Д゚)

 

 

(*'▽')

 

 

( ;∀; )

 

そいえば、わたしの母が言ってたような・・・

 

2歳のころから、

あんたはおねーちゃんのお弁当のおかずを

すこしずつ、自分で皿に盛っては

部屋の、すみっこー(←なぜか強調)に行って食べてたわー。

 

あーら、かわいい、おなさご時代。

 

というわけで、

f:id:majimedehen:20161220113733j:plain

 

これは別に証拠隠滅をはかっているわけじゃありません。

 

ええ、全然はかってませんから(・∀・)

 

 

かなしみの、落としどころ。

ひとは、だれもかなしみを持っていると思います。

 

取材をしていても、
テーマがまったく関係ないことであっても、
そのひとのかなしみが、偶然みえてしまうことがあります。

 

あるとき、うかがった、ご夫婦のお宅には
赤ちゃんの写真が、いっぱい飾られていました。

 

それは、祭壇でした。

幼くして亡くした、お子さんのようでした。

 

インタビューはまったく関係のない話で、
ご夫婦は、ともに淡々とされた方で
こちらの質問にも、分かりやすく答えてくれました。

 

その後ろの壁が、
あどけない笑顔に彩られているぶん、
かなしみのみえる居間、でした。

 

でも、わたしは、
仕事でおじゃましながらも、
ふしぎと安らかな気持ちに包まれていました。

 

 

わたしの親が生まれた南の島には、

 

「かなしい」の言葉に

「愛(かな)しい」という、意味があります。

 

古代の、やまとことばが残っているのです。

 

哀しいと愛(かな)しいは、似ています。

 

わたしが、その家で、

ふわっとした温かいものに包まれた気がしたのは、

 

このお子さんは亡くなってしまったけれども、

このご夫婦のなかで、この家のなかで、

しっかりと生きている、

悲しみよりも、そんな「愛しみ」のほうを感じたからです。

 


少しずつ、成長していった

赤ちゃんの笑顔にあふれた写真。

お気に入りだったろう、ぬいぐるみ。

 

おそらく、一緒に生活しているように

そのリビングの一角は、少しずつ

レイアウトを変えているようで。


悲しい、けれど、愛(かな)しい。

 

そんな、相手とじぶんを大切にする、

気持ちが続いていけば、

 

この世にいる、いないに関係なく、

そこには、

ひだまりのような、あたたかさが

生まれるのではないかな。

 


わずか1、2時間ご一緒させていただいたなかで

淡々とした会話のなかに、仕草のなかに

 

ご夫婦がお互いをいたわり、思いやる気持ちが

さりげなく、痛いほどに伝わってきました。


それは、きっと、

ご夫婦とお子さんの3人が

日々つくりだす、愛しい、いえだから。

 

そうですよね?

 

おじゃまさせていただきました。

ありがとうございました。

 

わたし、このご家族が、すきです。

 

f:id:majimedehen:20161205122004j:plain