毎日ワクワク&しみじみ、ぎったんばったん。

北海道住まい。亜熱帯の血を持つ、寒がりライターです。

高校時代の居眠り防止、全失敗談。

フリーの仕事は、自己管理が大切ですよね。

 

アンパンマンは君っさー、元気ナッシング~♪」

 

とか、パソコン前で

「仕事やる気ないです替え歌メドレー」を

次々と繰り出す自分のお口に、

 

「黙ってやれ」と

 

脳内上司(=自分)がメンディングテープを貼りました。

 

f:id:majimedehen:20170612100623j:plain

メンディングテープ、便利です。

おかげで黙々と仕事に取り組むことが、たぶんできたかと。

 

 

ちなみに、むかしは重度のアレルギー性鼻炎だったので

口をふさいでも窒息しなくなったわが身に、

「これで、強盗が来てガムテ巻かれても大丈夫(*'▽')」と

ちょっとした安心感も・・・♪(なんかちがう気が)

 

いや~、ほんと、子どものころは

バキュームカーのにおいも、全然わかんなかったのですよ~💛

 

 

 

しかし、顔になんかしてどうにかしようという、このパターン、

 

高校のとき、あったあった。

 

わたしの入ってた部活は朝練があってトレーニングも厳しく・・・

 

いや、言い訳です。

 

 

とにかく、授業中に寝てしまうんです。

 

そこで。

 

マジメなわたしは、対策を考えて実行しました・・・

 

★その1

洗濯バサミを持っていき、

眠くなったら顔に挟む。

 

 

しかし、

 

 

1本挟んでも眠い。

 

 

2本挟んでも眠い。

 

 

3本挟んでも眠い。。。

 

 

 

壇上の先生に

「お願いだからやめてください」と言われたときには、

 

顔面中が洗濯バサミになっていた・・・(´∀`*)

 

失敗、はい次!⇒

 

 

★その2

 

手洗い場で、休憩時間に水で顔を洗う!

 

うん、気持ちが引き締まりますよね♪

 

がんばって、もう5分ぐらいバシャバシャやりましたよ♪

 

はい、シャキッとなった~ !(^^)!

 

はい授業~。( ˘ω˘)スヤァ ⇒ はい失敗♡

 

 

・・・・

 

 

あのですね、

 

水で顔をよく洗ったあとって

 

ポカポカしてくるんですよ~( ;∀;)

 

 

 

どうでもいいから、次!⇒

 

 

★その3

 

まぶたにメンタムを塗る。

 

授業開始とともに、

たっぷーり塗りましたよ。

 

たっぷーり。

 

 

・・・・

 

 

痛い痛い痛い!

 

 

目を開けてられない!

 

 

うぉーっ(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

と、苦しみの果てに、

 

 

 

(=_=) ⇒寝ました・・・失敗。

 

 

 

・・・・(´・ω・`)ショボーン・・・・

 

 

 

その後も、縦長に立てた

 

缶ペンケースの上に定規を立てて

 

その上にあごをのせて、きっちり黒板見てますよ作戦とか

 

(分かりやすく寝てやっぱり先生に注意された)

 

いろいろあるのですが、いずれも失敗

 

 

 

現在、わたしはこの世代としては

 

かなり背が高いのですが、

 

いやあ、寝る子は育っちまったなあ(´∀`*)

 

と思ってます。

 

 

あ、しかし、こんなによく寝るわたしも

 

子どもを産んだら、

 

軽く「寝ないぞ」をクリアできました~♪

 

 

しかし、出産後3年ぐらいは、

1日の睡眠時間が3~4時間だったなんて、

 

いやあ、にんげんってすごいものですなあ。(しみじみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのひとが、そう言うならば、そうなので。

個性的とかユニークとかいうのを超えて

 

「あのひと、ちょっとヤバいんじゃない?」と

言われてしまうひと、

 

わたし、けっこう好きです。

 

まあ、わたしが同じニオイを発しているせいかもしれませんが。

(誰か、ここで否定してください。)

 

 

独身時代の東京では、

そういった意味で「いろんなひと」と

お話ししたと思います。

 

たとえば、

天使と会話して天使の絵を描くひととか。

 

 

えっと、それは学生のころですな。

 

神楽坂の某自然食品の会社で

アルバイト面接に行って

帰るときに、

 

ビルの階段に座ってて、

「きみには、ここのバイト合わないよ」と

声をかけてくれた、

複数面接で隣だった男の子。

 

そのあと、神楽坂の神社の境内に

ぺたんと座りながら、

「うちらは合わないね」ということになって、

そのひとの話をいろいろと聞きました。

 

「うちで天使としゃべって、

その天使の絵をいつも描いているんだよ」と彼。

 

絵を見たいといったら、後日同じ境内に座って

天使のスケッチを見せてくれました。きれいでした。

 

まあ、それきりなんですが。

 

 

また、

同じく学生のとき、新宿駅前で

平和活動のための演劇をしているという

同世代らしき女の子が、

一生懸命、平和への寄付の呼び掛けをしていました。

 

 募金と平和への署名をしたら、

次回上演の劇がいかにすばらしいかを、

20分ぐらい熱く語りながら、チラシを渡してくれました。

 

彼女の熱意は応援したかったけど、

残念なことに、わたしにはあまり興味がない内容で

 

行かなかった・・・ら、

 

後日「なぜ来なかったんだヽ(`Д´)ノ!」と

連日のように電話が来て、

 

ああ、安易に電話番号って書いちゃだめなのね、と

ひとつ勉強になりました。

 

まだメルアドやSNSなんて無い、むかしむかしのお話です(にっこり)。

 

 

そのまたついでに、

大学のサークルラウンジで独りぼーっとしていたら、

 

「ここ空いてる?」と推定30代後半のスーツ男性が

目の前に座ったことがありました。

 

サークルOBの方かなと思ったら、

ただひと休みに来ただけのようでした(建物の入口そばなので)。

 

このサークルどんなことやってるの?

へえ、へえ、とうなずきつつ、

その男性は、いきなり雑誌を差し出して言いました。

 

「僕は、未来から来たんだよ」

 

「君はいい子だから、これあげる♪」と

去っていったのですが

 

発売日前の、月刊プレイボーイでした。

 

後輩の男子たちにあげたら、

狂喜して盛り上がってました♪

 

そのひとが未来から来たのではないことは、

わたしも、わかりましたが、

 

後輩たちも喜んでくれて、よかった(*´▽`*)♪

 

 

 

でも、なんだか

 

 

もし未来からやってきたひとでも、

異星人でも、生きてないひとでも、

話しかけられたら、

 

「えっ?なぜここにいるんですか?

どうやって?なんのために?」

 

いろいろ聞いてしまいそうな、

生まれつき取材脳のわたしです。

f:id:majimedehen:20170504143401j:plain

 そういえば、大昔に東京~京都とかあるいてました。理由は「あるきたかったから」。

 

 

 

知識と情報、そしてエモーション。

ちょくちょくと、忘れています。 

じぶんが仕事で、書いたこと。

 

3か月前に書いた記事を見て、

「あれ、この場所はこんな歴史があったんだ~」みたいな。

その直後に、

「あれ、これ書いたの自分じゃん」みたいな。

 

ホワイトボードに書いておいたことが、

消されていったように、あっさりと。

忘れてしまうのです。

 

 

むかしは、学ぶのが好きでした。

何かについて知識を吸収してまとめて、還元するように

文字に起こすの、好きでした。

 

あれ、どこへ行っちゃったんだろう?(微笑)

 

うーん。

 

たぶん。

 

わたしの場合は、

 

 

前もって学ぶ、知ることで

その対象の「対象そのもの」を

見なくなってしまう、

 

そんなところが、あったのだと思います。

 

たとえば、

お見合いのデータを見て、

 

その相手と会った時に、

 

その人を見ずに、

 

そのデータを「張り付けた」ものを見てしまう。

 

それが、自分でも、いやだったんでしょうかね。

(あっ、ちなみに、お見合いの経験はありません^^;)

 

 

ぽやーんとしながら、そこに行って、

 

ぽやーんとしながら、ひとの話を聞いて。

 

おどろいたり、

 

しみじみしたり、

 

わくわくしたり。

 

 

そこには、情報なんて、

時にはじゃまなのかもしれない。

 

 

むかし、

 

事前にできる限り調べることは

書き手の常識と教わってきました。

 

取材のための、たしなみであり、

それをしないのは、

とても失礼なことであると。

 

 

ジャンルにもよるし、

 

ケース・バイ・ケースと

 

いうこともありますが、

 

 

いまのわたしは、

 

予備知識をあまり詰め込まずに訪れて、

 

「それ」に、

 

「そこ」に、

 

「そのひと」に

 

出会ったときの、

 

ぱあっと心が広がる感じは、

 

やはりいいなあ、と。

 

 

そんなふうに、

 

こころがうごくのがすきで

 

いまは、この仕事をしています。

f:id:majimedehen:20170422152834j:plain

※どのやり方にも、それぞれメリット、デメリットはありますね。

ちなみにわたしの結婚は、心のうごき優先で

相手の情報収集ほとんどゼロでしたが、さて、いかに♪

 

 

3年前、理想の家を描いていた。

家の中を整理していたら、

わたしが3年前に描いた「理想の家」メモを見つけました。

住宅の記事を書かせていただいているので、

もし、じぶんが建てたら・・・(*'▽')と

想像の翼を広げたようです。

 

タイトルは

 

自分スタイル★ナチュラルテイスト

天窓から空を眺め動物と触れ合う家♡

 

↓ それが、コレ。

f:id:majimedehen:20170410171312j:plain

 

(わたしの画力はこんなもんです。

仕事でラフを書くとき、デザイナーの皆さん覚悟して!)

 

↓このように、理想の条件を書いています。

 

・落雪仕様屋根

 

・延床面積 6畳(布団で前回りを2回できる広さ)

 

・シャワー兼トイレ

 

・天窓(キレイな星を眺める)

 

・温かい

 

さらに(´・ω・`)

 

・窓は広くしたかったが、予算がないので仕方ない

(ドアも面倒だからこの窓から出入りする)

 

・シャワーヘッドは

空き缶に穴をあけて息子が作ってくれた。

 

 

さらに( ;∀;)

 

・ろば(時々脱走)

 

・ろばをつなぐ杭(力を入れると抜ける)

 

・カラスが時々フンをして、窓が白くなりチョーむかつく(が、にくめない)

 

・ヘンな雑草が一面に生えて超ナチュラル♡

 

・・・・・・

 

いろいろツッコミもあるかと思いますが、

 

ここで、いちばんトホホなのは、

 

予算面も含め(土地代を除く)、

かなり真剣に考えていた自分です。

 

いや、ろば、好きなんですよ~。

 

3年前には、ほほえましく同意していた娘も、

 

いま見せたら

 

「おかーさんの考えてることがわからない」

 

きっぱりおっしゃってくださいました。

 

 

「うん、3年前はわたしも幼かったからね ♪ 」と

 

答えた母親にすかさず娘ツッコミが入ったのは

 

言うまでもなく。

 

 

でも、わたし、ちゃーんと

来客の場合も考えていたんですよ。

 

お腹いっぱいになると思うので解説はやめときます。

 

f:id:majimedehen:20170410172845j:plain

コーヒーだけは、こだわりの豆を挽いて

丁寧にお淹れしますので(・∀・)

 

キャンドルは癒し・・・いやいやいや。

このたび、うちの屋号を「Tomos(トモス)」にしました。

 

ま、それはいいとして、

 

これまで、キャンドルの取材を

いくつかさせてもらったのですが、

 

こころ安らぐという効果を聞きまして、

 

わたしも、キャンドルを

灯してみようと思ったわけです。

 

 

 

静かな夜・・・

 

 

暗がりの中で、ろうそくを灯して・・・

 

 

ゆらめく炎に・・・

 

 

 

 

 

ハ ァ~~~♪

 

 

なぜ歌いだす?自分Σ(゚□゚;)

 

しかも、こぶしを回して?

 

 

 

 

も、もしや・・・

 

 

これは・・・

 

 

ろうそくの炎を揺らさずに歌う

 

金沢明子さんにチャレンジ状態?!

 

(1980年代の日東あられCMです、

 知らない人スミマセン)

 

 

しかし揺れる揺れる、ろうそくの炎。

 

 

そしてソーラン節から

 

 

東京音頭から

 

 

鹿児島おはら節まで

 

 

なぜか全国縦断で歌い続けるわたし。

 

 

 

そして、いまや夜も更けているのに、

 

金沢明子さんの

イエローサブマリン音頭」が

延々と頭の中を流れて

眠れないわたしです(涙)。

 

youtu.be

イエロー・サブマリン、あ  それ♪

 

潜水艦(・∀・)♪←ろうそくはどうでもよくなってる。

自然に身を浸していると。

自然に身を浸していると、

 

ちょっとだけ「死」ってものに

近いような、そんな感覚があります。

 

ひとりで、佇んでいると

 

風や雨の音がつよくても、

 

波の音が荒々しくても、

 

木々がいくら、ざわめいても、

 

こころは、なだらかな平面のようになります。

 

凪(なぎ)のような、とてもおだやかな気分です。

 

 

この、いま在る空間、というか空気に

 

吸い込まれるように、

 

ふっと同化する、そんな感覚。

 

 

それが、「死」というものと似ているのかしら。

 

 

 

身を浸しているのは

 

とても心地がいいので

 

いつまでも、いられそうです。

 

 

でも、いつまでも、いられない。

 

それは、からだが警告します。

 

 

もどろう、と。

 

戻れなくなる前に、

 

もどろう、と。

 

・・・・・

 

ここまで書いて、

 

わたしになにかあったのかな?と

 

思う人がいるかもしれません。

 

いえ、

 

これは、わたしの日常です♪

 

友だちとゲラゲラ笑っていた後でも、

 

おじぎをして仕事から戻る途中でも、

 

 

ああ、と見上げる、

 

くるりと見渡す、

 

木々や

 

みどりや

 

波や

 

流れや

 

雪のなかに、いると。

 

 

 

そして、もどろう、という

 

じぶんのこえに、うながされ、

 

抜け出て、

 

車の音を聞くころには、

 

きょうの夕ご飯は、どうしようかしら、

 

なんて、

 

首をかしげがら

 

思っているのです。

 

f:id:majimedehen:20170407184910j:plain

 

 

 

 

 

 

卒業グループデート大失敗、そして今。

卒業の季節ですね、と思ったらもう入学の4月。

 

めげずに、書こうと思います。

 

むかしむかしの18歳、

高校卒業後に部活同期5人で行った

東京ディズニーおでかけの話を・・・

 

いや、お出かけ前後のことを

書きたいと思います。

 

 

 

小人数でマイナー系の体育会系でした・・・

男2人、女3人。

地味すぎただけに、

なぜか華やかなディズニーランドへ

みんなで行くことになりました。

 

 

んー、高校も卒業したことだし、

これからは、おしゃれもしなくては!

と、意気込んだわたし。

 

部活の女友だちと、

ショッピングセンターに行って

白いロングスカートを買ったりしたぞ♡

 

 

そして、化粧などしたことのなかったわたし。

せめてと、後から色がつく透明リップを買って

朝にぬーりぬり、していきました。

 

 

うん、ここまで書いてみると

 

 

わたし、間違ってませんよね?

 

 

ほんとに間違ってませんよね?

 

 

 

なんで集合場所で

みんなはギョッとしたのか・・・

 

 

 

それは帰宅後に判明する!!

 

 

わたしは

 

 

お風呂に入ろうとして

 

 

洗面台で気づいてしまいました。

 

 

 

くちびるが、

 

 

 

ああくちびるが、

 

 

 

博多明太子並みに

発色しておる!!

 

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

ちなみに、当時は、

 

普段の顔色は真っ青で、

目の下のクマもばっちり♪

そして、骨と皮状態。

 

 

だった、わたし 。

 

 

 

真っ赤過ぎるくちびると

 

 

真っ白ロングスカートって・・・

 

 

 

♪ 来る、きっと来る来~る?!

 

(はい、この歌詞間違ってますよね)

 

 

 

・・・・・

 

 

 

さて、

 

時を現在に戻してみると

 

ファンデにチーク、口紅と

それなりに最低限の化粧が

できるようになりましたが、

 

なぜ、わたしを

すっぴんと思ってる人率って

0%なんだろう。

 

はい、1時間で

化粧崩れする肌が自慢です。

 

 

しかし、気になるのはやはり例のアレ・・・

 

 

加齢ですね、

 

 

やっぱり加齢です。

 

 

ゆえあって、更年期促進になる薬を

飲んでいるので、

 

一気に更年期キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

この肌のカサつきは?たるみは?

 

髪の毛もなぜか秋のようにっ(以下略)

 

 

 

そんなこともあって、化粧について

 

お友だちライターさんに相談したところ

 

「顔にパールのハイライトを、

 

Tゾーンにブラシで入れるといいよ」

 

とアドバイスをもらいました。

 

 

 

ハイライト?(*'▽')←使ったことなかった。

 

 

とりあえず、100均のお店で

 

ハイライトの粉と、ブラシを買いました。

高いの買って使わなかったらイヤなので)

 

 

よし、やりますぞ!

 

 

ブラシにハイライトの粉をふくませ、

 

 

Tゾーンに沿って・・・

 

 

ぶほっ!(せきこむ私)

 

 

・・・・・

 

 

なぜか「玉手箱開けた」状態になる

マイハウスのユーティリティー。

 

 

 

そして、鏡に映ったわたしはこれ ↓

 

 

 

 

f:id:majimedehen:20170331232254j:plain

(自分でも正視にたえないので、落書きしてみました)

 

 

 

・・・・飴食い競走?(´・ω・`)

 

 

 

それとも、

ライオンキング?

 

 

 

いのち~はめぐ~る~♪

(歌いだすわたし)

 

 

 

(初めて絵筆を持った幼児と思ってやさしく見守ってくださいね。)